スペシャリスト紹介 Office-integral

meeting001.JPG




takami.JPG

職 歴: 
これまで精神科、精神科クリニック、教育相談センター、学生相談室などでの、心理査定やカウンセリングに従事するほか、看護専門学校での非常勤講師などを務めた。’02年からは、広島市の虐待防止事業に携わり、乳幼児健診の場で心理相談を行っている。また、最近はカナダの親教育プログラムNobod'ysPerfectを実践。
’07年4月より、オフィス・インテグラル㈱パートナーカウンセラー。

資格等: 臨床心理士、NP-Japan 認定トレーナー 、NP-Japan 認定ファシリテーター

ひとこと:
私はこれまで、病院、教育センター、学生相談室、保健センターなどで、非常勤のカウンセラーとして働いてきました。
子どもから大人まで、幅広い世代のかたと出会い、多くを学ばせていただきました。
どんな場であれ、学派や一つの見方にとらわれず、その場と、個人のニーズにあった柔軟な援助活動のできる臨床家を目指して、勉強を重ねてきたつもりです。
また、人は一人では生きていけません。一番難しいと言われる人間関係が親子関係です。親子関係の中で、親と子が育ちあうことをお手伝いすることにも関心が高まり、個人のカウンセリングと平行して、母親のグループ・ケアや、Nobody's Perfect プログラム(完ぺきな親なんていない!)の実践や心理教育、虐待防止の分野に関わるようになりました。
どんな人も、答えを自分で見いだす力、成長する力、その人の強みを持っているかけがえのない存在です。
私は、悩みや苦しみに取り組むことで、その人自身が自分の中にある生きる力、強み、生きる意味を見いだし、自分を発揮できるように援助をするスペシャリストでありたいと思っています。




photo005.jpg

職 歴:  
日本郵政中国支社カウンセリング・ルーム嘱託カウンセラーとして、中国5県の職員及びその家族の相談に応じ、’99年からは同セクシャルハラスメント相談室も兼務し、産業臨床の相談活動に10年以上のキャリアを積み、セクハラやメンタルヘルス、コミュニケーションスキルの研修活動にも積極的に取り組む。
’01年よりメンタルクリニック非常勤心理士、公立中学校スクールカウンセラー、私立中・高等学校の教育相談室を経て、現在は公立高校や市の教育支援室へも出務し、心理相談業務を行っている。また専門学校にて看護学校の非常勤講師や、刑務所での受刑者へのカウンセリングなども担当し、包括的な心理療法を提供している。
’08年4月より、オフィス・インテグラル㈱パートナーカウンセラー。

資格等: 臨床心理士 、シニア産業カウンセラー、学校心理士、2008年度CEAP養成講座修了

ひとこと: 
いろいろな現場で、ご相談をお受けしながらいつも思うことは、お見えになる方々は皆、「よりよい人生を求める戦いのベテラン」ばかりだということです。誰よりもご自分自身の抱える問題の対処について、さまざまな工夫をすでにお持ちです。
その工夫を中心に、「私の持っているもので、役に立つこと、相手がより有効活用できる事は何だろう」、いつもそう考えながらご一緒に共同作業を進めています。
そして、問題の渦中から、ご自分自身のお持ちになっている工夫や、解決のための資源に「視点を向け変える」お手伝いをさせていただきます。
地域に密着した、数多くの支店を持つ会社のカウンセラーとして、さまざまな年代の方々のご相談を担当し、面接、電話、手紙などの多様な方法で、臨機応変、待ったなしの短期的な対応を求められてきたことから、相手に合わせた、多面的、包括的な心理療法をご提供するようになりました。
私はマルチモダルセラピーのスペシャリストです。




1205081526.JPG

職 歴:1996年~2008年 いくつかの病院・クリニック(精神科・神経科・小児科・認知症デイケアなど)に勤務し、2002年~2007年、公立中学校スクールカウンセラー。2006年~2008年、児童養護施設心理療法士。
現職は2009年~乳幼児健診心理相談員、看護専門学校講師、広島市総合相談センターなど。
’09年4月より、オフィス・インテグラル㈱パートナーカウンセラー。

資格等:臨床心理士・認定心理士・ピラテスコーチ・AFAA認定インストラクター

ひとこと: これまで医療・福祉・教育など様々な領域で心理職としてお仕事をさせていただきました。小さなお子様から成人の方まで幅広い年代の方とお会いすることができました。お手伝いをしながら生きることについてたくさんのご示唆をいただくなかで、役に立つ専門家でありたいという思いから、精神分析、認知行動療法、ペアレントトレーニング、コーチングなど学んできました。現場ではお一人、お一人の語られることに丁寧に耳を傾け、何ができるか一緒に考えてきたつもりです。
私はその方の人生がその方のものであるためにその方がお持ちの力を十分に発揮するためのサポート・お手伝いができるスペシャリストでありたいと思っています。




RKD_6043r.jpg

職 歴:大学院終了後、精神科病院にて臨床心理技術者としてのスタートを切る。その後、小児科相談室、療養病棟、公立学校スクールカウンセラー、看護学校非常勤講師、病院付属相談室勤務などを経て、2015年からオフィス・インテグラル(株)パートナーカウンセラー。

資格等:臨床心理士

ひとこと: これまでに出会った、年代も性別も様々な方々からおうかがいした話、得た経験から、多くのことを学ばせていただいてきました。経験が浅い時には気が付かなかったことが、今の自分であれば理解できるということもたくさんあります。日常生活の体験が、日ごろの業務にとても役に立っているということも経験いたしました。今悩みを抱えていらっしゃる方とともに成長していくこと、これが私の大切にしていることです。それぞれの方がそれぞれの課題に取り組み、成長していくお手伝いができるスペシャリストでありたいと思っております。




職 歴
1976年~1978年 広島少年鑑別所
1992年~    広島市青少年指導センター
1999年~    広島市青少年総合相談センター
2005年~    公立中学校スクールカウンセラー

資格等:臨床心理士、精神保健福祉士




murakawa.jpg

職 歴:民間企業に勤務後、臨床心理士指定大学院に進学。在学中には、大学内心理教育相談室相談員、広島市ふれあいボランティアスタッフ、広島市ふれあいひろば推進員、民間カウンセリングスクール世話人、私設相談室研修生などとして経験を積む。

資格等:産業カウンセラー、メンタルヘルス・マネージメントⅡ種合格、HCSライフコースカウンセラー

ひとこと: いろいろな感情を抱きながらも、一生懸命日々の生活に向き合う人たちをサポートし、また、いきいきとした働きやすい職場づくりのお手伝いができるよう日々勉強中です。





sigekawa.JPG

事務所名

しげかわともみ社会保険労務士事務所

所在地

737-0003

広島県呉市阿賀中央6丁目2番11号 あがプラザ1F

設立

2010年(平成22年) 4月 1

免許・資格

n   特定社会保険労務士(登録番号第34090007号)
   平成16年社会保険労務士試験合格
   平成21年広島県社会保険労務士会登録
   平成24年特定社会保険労務士付記

n   セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント(公益財団法人21世紀職業財団認定 認定番号12048E

n   AFP

主な業務内容

人事労務相談

官公庁への書類提出代行

就業規則作成

給与計算

助成金申請

労使紛争あっせん

年金請求手続き 等

ひとこと

私が社会保険労務士を目指したのは、働くことが楽しい!職場環境づくりをしたいという想いからです。

職場は、いろんな価値観を持った人が交わる場なので、法律によって、働く環境を整えることは必要です。しかし、そこは気持ちを持つ人と人との交わりの場でもあります。法律だけで環境を整えるだけでは、働きやすい職場環境づくりはできません。お互いの気持ちの通い合う関係づくりができることによって、働きやすい職場環境ができ、働く人の最大限の力を発揮し、やりがいを感じる働きができ、それが企業の業績に反映してくるのではないかと日々感じます。

このような中で、社会保険労務士として、心理専門の知識とサポート技術を持たれている臨床心理士の方と連携できることは、職場環境にいきている法律を運用させることができ、企業と働く人のお役に立てると信じています。


前のページへ

|1|2|3|4|

次のページへ