EAPは人勢力向上プログラム Office-integral



JP125_72A.jpg

 米国では、50人以上の企業でほぼ100%が導入しているというEAP(従業員支援プログラム)
御社は、EAPの導入はおすみですか?また、充分に機能していますか?
EAPは、これまでのメンタル不調者への支援を中心にしたメンタルヘルス対策ではありません。
組織全体の生産性向上を目的とする積極的な従業員支援プログラムです。

オフィス・インテグラルは、EAPは、人勢力向上プログラムであると考えます。

個人にあっては、「人生力」=自分らしく生き抜く力を高めること。
組織にあっては、「人の勢い」=組織活力を高めること。

をめざす事業場支援のための包括的なプログラムです。

■心理教育で人材育成を
・メンタルヘルス研修
・コミュニケーション研修
・幹部育成:コーチング研修
      リーダーシップ研修

■メンタルサポートで人材活用を
・職場復帰支援
・離職防止
・認知行動療法カウンセリング

■組織コンサルティングで組織活性化を
・EAPコンサルティング
・管理職コーチング




たとえば、カウンセリング・サービスを依頼した会社から、相談件数のみ報告させていませんか?
従業員の皆さまからの相談は「宝の山」だと私たちは考えます。そこには、御社が伸びるヒントがたくさん含まれています。相談された個人のプライバシーはしっかり守りつつ、「宝の山」の知恵をもとに、心理教育を組み立てて全員へ働きかけ、組織コンサルティングで幹部育成を図ります。

たとえば、「職場復帰がうまくいかない

メンタルサポート
・カウンセリングでご本人をサポート
・必要であれば、主治医、産業医と連携

組織コンサルティング
・上司をコーチングでサポート
・効果的な復職プランをご提案

心理教育
・管理職へのライン・ケア
 教育でマネジメント力をアップ
・「うつ」予防教育で自己管理力をアップ

と人勢力向上を図ります。




EAPは、厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス対策)の「4つのケア」にも対応しています。(詳しくは「Relax 職場における心の健康づくり」参照)

メンタルヘルス体制づくりを任された人事・労務ご担当者様が困られるのは、「どこから手をつけたらいいのか、わからない」ということ。そんな場合も安心してお任せください。メンタルヘルス体制づくりをイチからご助言いたします。




 まずは、どのようなことでお困りかお聞かせ下さい。
お客様のニーズに合わせたサービス・プランをたてさせていただきます。

年間契約で次のサービスをご利用いただけます。

EAコンサルタントが定期的に御社を訪問し、メンタルヘルス対策についてご助言いたします。
 また、安全衛生委員会や産業保健スタッフによるケースマネジメント会議への出席も承ります。
従業員の皆様を対象とした面談・電話によるカウンセリング・サービスを提供いたします。
弊社カウンセリングルームは、土・日曜もご利用いただけます。
管理者の皆様を対象としたコーチング・サービス、メンタル不調者への対応や
 職場の人間関係づくりについてのご相談に応じます。
メンタルヘルスの諸問題について情報提供ならびに専門機関へのご紹介を行います。
年2回報告書を提出し、御社の問題の分析と改善へのご提案をいたします。

前のページへ

|1|2|3|4|5|6|

次のページへ