集団認知行動療法 Office-integral



~ワークブック 「私らしさよ、こんにちは」 を用いて~

中島美鈴先生をお招きして、集団認知行動療法を教育現場、医療・保健現場で活用する方策を学びます。ワークブックを使った集団認知行動療法のリーダーになるためのトレーニングです。 臨床心理士をはじめ、教育や医療に携わる皆さまにお薦めいたします。


【講師紹介】
中島 美鈴 (なかしま みすず) 先生
1978年 福岡生まれ
2001年 広島大学大学院教育学研究科を修了後、精神科医療にたずさわり、アメリカ人スーパーヴァイザーの指導のもと、集団認知行動療法を始める。
2006年2月より佐賀県独立行政法人国立病院機構肥前精神医療センターにて開始した集団認知行動療法プログラムは同年12月には朝日新聞に掲載され、翌年には書籍『うつを生きる』(朝日新聞出版社、2007)にも掲載されるなど注目を浴び始めた。
2007年の日本認知療法学会ではこのプログラムの効果研究について報告した。
2009年4月 東京大学総合文化研究科助教。
2010年4月より福岡大学人文学部教育・臨床心理学科。
著書 「私らしさよ、こんにちはー5日間の新しい集団認知行動療法ワークブックー」(星和書店)
訳書 「もういちど自分らしさに出会うための10日間ー自尊感情をとりもどすためのプログラムー」(星和書店、監訳・監修)



100129_1950~0001.jpg
2010年セミナーの様子

前のページへ

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|

次のページへ